レベル2

目的と内容

人体が健康な状態でどう機能するかを理解するために、身体全体のシステムとしての「系」について学びます。筋膜系・消化器系・呼吸器系・心臓循環器系・泌尿器系・神経系・免疫系・内分泌・生殖器系の役割と機能を理解します。また、身体の外部からの刺激を受容する目・耳・鼻・舌・皮膚などの器官の構造と、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚という五感の具体的な仕組みを理解できるようになります。

健康な身体の機能のシステムを理解することで、次には、そこに病気が起きたらどうなるのかどうなるのかが理解できるようになります。これは身体全体の症状を見極めて施術できるようになるための大切な基盤となります。

「筋解剖学_3:筋膜学(byアナトミートレイン)」講義

レベル1の筋解剖学の発展系として、主に筋筋膜について学びます。複数の筋肉を経由しながら身体を走る7つのアナトミートレインのラインと、そこに過剰な緊張がある場合に、姿勢や関節の可動域にどんな制限がうまれるのかを理解することで、筋骨格系の施術をレベルアップさせます。

「身体のシステム(系)」講義

筋膜系・消化器系・呼吸器系・心臓循環器系・泌尿器系・神経系・免疫系・内分泌・生殖器系の役割と機能を理解します。脳神経系の授業で は、筋骨格系に最も関係する運動神経を中心にして、ポリヴェーガル理論や、ストレスやトラウマのシステムについて学び、心と身体の繋がりにおける反応についての理解を深めます。

「五感のシステム」講義

身体の外部からの刺激を受容する目・耳・鼻・舌・皮膚などの器官の構造と、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚という五感の具体的な仕組みを理解できるようになります。

「S.O.A.P.プラン:レベル2(筋膜)」講義

健康な身体の機能のシステムを理解することで、次には、そこに病気が起きたらどうなるのかどうなるのかが理解できるようになります。これは身体全体の症状を見極めて施術できるようになります。また、筋肉系に加えて筋膜系のS.O.A.P.プランをつくり更に立体的な施術をすることができるようになります。

「パルペーション(触診)_2」実技

アナトミートレインの筋膜系のラインと、各接続部について詳細に触診します。これによって、どの筋肉が筋膜によって繋がっているのかを、リアルに触れて実感できるようになります。

「BMS ボディメカニクス_2(筋膜リリース・テクニック)
created by Rieko Kokubun」実技

レベル 1で学んだボディメカニクスを更に発展させて、腕と肘の使い方を身につけます。また、筋膜リリース・テクニックとしてのスーパー・スローモーションの動きで、深く良質な圧による熱をつくりだして筋膜を温め溶かして、筋膜の過剰な緊張や癒着を改善します。

「PD(プロフェッショナル・ディベロップメント)_2」講義

レベル 1で学んだPDを元にして、自分の職場での現実的な問題を実際に解決していく、より実践的な内容です。職場だけでなく、これまでの自分の心理的・感情的パターンを明らかにして解放し、より安定し力強いセラピストとしての自分をつくります。また、自分の性格(自己表現)がつくられるシステムを、ポリヴェーガル理論を使って理解することで、ポリヴェーガル理論を知識としてだけでなく、実践として役立てていく方法を学びます。