講師

講師

國分 利江子先生 (RIEKO KOKUBUN)

アメリカ NY州政府認定マッサージ・セラピスト

ホリスティック医学に基づくマッサージセラピーを学ぶためにアメリカへ大学留学し、2001年、アメリカで「マッサージセラピー界のハーバード大学」と称され、90年の歴史を誇る名門校 Swedish Institute に卒業。

2003年NY州政府認定のマッサージ・セラピストのライセンス試験に合格。

「世界最高スパ」の称号をもつ「マンダリン・オリエンタル・ホテル NY」のオープン時には、2,000人以上のNY州政府認定マッサージ・セラピスト達からの応募が寄せられた中で、最終15名の選考に外国人として唯一人選ばれる。

2006年に帰国し「Body(身体), Mind(心), Spirit(魂)を調和するメソッド『BMS Therapy』を創設。2008年に BMS Massage Therapy Schoolを開校し、世界水準の教育を日本のセラピストに提供する傍ら、雑誌『セラ ピスト』の連載や特集などを通して広くセラピストの育成に尽力する。

2021年 マッサージセラピー・インスティテュート(MTI)の構想に携わり、クリエイティブ・ディレクター 兼 校長に就任。日本初、大学レベルのカリキュラムをもつマッサージセラピーのオンラインスクールを開校 し、癒しのリラクゼーションを超えた「ヘルス・プロフェッショナル」としてのセラピストの育成に取り組む。

著書:「マッサージセラピーの教科書 /完全なる癒しと究極のリラクゼーションのために 」 BABジャパン出版
DVD:「奇跡のマッサージセラピー」BABジャパン出版

共著・インタビュー:
「ソウルジョブ -女30才から運命の仕事に出会う-」角川書店
「100番目のメッセージ: 私たちを元気にする先輩からのコトバ」 かんき出版
「リンカラン」Voi. 28:「心を探って、整っていく身体 with 畠山美由紀」 ソニー・マガジンズ
「致知」2012年 7月号:「特集『将の資格』:天命に生きる時、人生は輝く」 致知出版


中村 直美

中村 直美 (Naomi Nakamura)
MTI マスター・ティーチャー

セラピスト歴14年 講師歴12年

業界大手リラクゼーション サロンに勤務し、1年半後に店舗で指名率NO.2となる。その実力を買われて、その後2年間、カイロプラクターとチームを組んで専門性の高い施術を行う。

土木作業員、調理師、美容師、セラピスト、役者など肉体を酷使する職業のクライアントも満足させる具体性のあるトリートメントで評価を得ると同時に、企業の事務職や専業主婦など人間関係や心理的ストレスの多いクライアントにも対応する繊細なトリートメントも人気で、幅広い仕事をこなす実力派として定評を得ており、妊娠をきっかけに独立して個人サロンを始め、現在は日本全国からクライアントが施術を受けに集まって来る。

自身もセラピストに転職してすぐ、手首の腱鞘炎や腰痛など職業病に悩み、マッサージセラピーによって回復した経験から、講師としてセラピスト育成に尽力し、セラピストの職業病予防・専門的な知識と技術の向上に努める。


下防 さおり

下防 さおり (Saori Shimobo)
MTI ベーシック・ティーチャー

セラピスト歴15年。

ジュリークなどオーガニックコスメの有名サロンを持つパスカルコミュニケイションズで9年間勤務。オーガニックやミネラルコスメ、タラソ・アロマテラピーなどホリスティックにケアを行う『ジュリークショップ白金台』『ビオ・パスカル』にて店長を務め、その後に独立。

自身も不調からの回復を経験し、健康の大切さを深く理解したことから、人々の日常で「紡がれる日々に手を寄り添える」をモットーに、健やかに廻る心身のサポートを続ける。『つむぎてsalon』『Future Well-being Lab』主宰。

病院内での産前産後ケアや企業内セラピスト、外資企業でのワークショップなどでの経験も豊富。


習田 武史

習田 武史

平成13年防衛医大を卒業後、整形外科医として、主に手術療法を中心に自衛隊病院及び各種海外訓練・国際貢献活動に従事。
平成26年から民間病院に転向し、小児から高齢者までの幅広い層に対し、リハビリテーションを中心とした保存療法にも重点を置いた治療を実施。
現在、慢性疼痛及び骨粗鬆症治療を専門とした医療の提供と、集学的治療・チーム医療の普及・啓蒙の為に各研究会・交流会の代表世話人を兼務。

【学歴・職歴等】
平成13年 防衛医科大学校 卒業
平成13年 防衛医科大学校付属病院
平成15年 自衛隊阪神病院 整形外科 医員
平成17年 第六次イラク復興支援群 人道復興支援活動 支援群医官
平成22年 ハイチ国際緊急医療援助隊(JDR)派遣医官
平成25年 自衛隊阪神病院 リハビリテーション科部長
平成25年 自衛隊阪神病院 整形外科部長(リハビリテーション科部長兼務)
平成26年 寝屋川ひかり病院 整形外科 部長
平成29年5月 寝屋川ひかり病院 副院長  MS&AD 顧問医
令和2年3月 エムアイ・コミュニケーションズ株式会社 鑑定医
令和2年4月 一般財団法人神戸マリナーズ厚生会ポートアイランド病院 副院長
令和2年5月 株式会社empheal 開発研究員
令和2年9月 一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会 顧問
令和3年6月 神戸リハビリ交流会代表世話人 
令和4年1月 疼痛多職種連携研究会代表世話人

[資格]
日本整形外科学会 認定専門医
日本整形外科学会 認定スポーツ医
日本整形外科学会 認定リウマチ医
日本整形外科学会 認定運動リハビリ医
日本スポーツ協会 公認スポーツドクター
ロコモアドバイスドクター

[所属学会]
日本整形外科学会
日本リハビリテーション医学会
日本骨粗鬆症学会
日本骨代謝学会
日本抗加齢医学会


降矢 英成

降矢英成(ふるやえいせい)

赤坂溜池クリニック院長、NPO法人日本ホリスティック医学協会前会長・常任理事

1959年生まれ、東京都出身。東京医科大学卒業。LCCストレス医学研究所心療内科、帯津三敬病院などを経て、人間を身体だけでなく、body-mind-spiritの視点からとらえる「ホリスティック医学」を理念とするホリスティック医療の実践の場として1997年赤坂溜池クリニックを開設。

心療内科を中心として、植物、自然を活用したセラピー、ケアに関心が強く、森林養生プログラムにも取り組み、最近では「エネルギー医学」についても追究している。

日本心身医学会専門医。日本ホリスティック医学協会認定療法医。日本統合医療学会認定医。日本医師会認定産業医。エネルギー医学インスティチュートIMEJ監事。NPO法人日本メディカルハーブ協会副理事長。NPO法人日本森林療法協会理事。一般社団法人日本フィトセラピー協会副理事長。日本エドガーケイシーセンター理事

著書:『ホリスティック医学入門』(農文協)、『森林療法ハンドブック』(東京堂出版)、『敏感繊細すぎて生きづらい人へ HSPという秀でた個性の伸ばし方』(さくら舎)等。


谷 佳織

谷 佳織

株式会社kinetikos代表取締役
Somatic Systems株式会社代表取締役

2003年ロルフインスティテュートを卒業し、公認ロルファー、公認ロルフムーブメントプラクティショナーの資格をもつ。アジア圏で初めてグレイインスティチュートFAFSを取得。運動指導者を対象とした指導のほか、トーマス・マイヤースのアナトミートレイン第二版DVD翻訳監修を始め、海外指導陣の招聘してのセミナー企画運営も行っている。